So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年03月| 2017年04月 |- ブログトップ

最近のおやつはもっぱら芋けんぴ [新譜]

孤独のグルメ(たま~にしか見ない)新シーズンの制作発表で
松重豊が喋っておりましたが、この人は受け答えが面白いですね。
いちいち気が利いている。
以前何かのTV番組で福岡の出身であること、
いわゆる「めんたいロック」の洗礼を受けたが
自分は楽器が弾けないのでミュージシャンになれないと落胆していたところ
石井聰亙(なんか暫く前に改名したらしいですね)の映画に触れ、
役者という職業にもロックは出来るのだと思ってその道を目指したと話しておりました。
なる程合点のいくエピソードです。

僕が松重豊という役者に注目したのは2004年。
こちらも今をときめく高橋一生主演、清水崇と豊島圭介の企画による
TV東京の深夜ドラマ「怪奇大家族」への客演でありました。
このドラマはねぇ、機会があれば一度みておくべきだと思います。
だって、まだ20代半ばの高橋一生がブリーフ一丁で
深夜郊外の住宅街を徘徊したりするんですよ(笑)。
脇がまた良くて、モロ師岡に室井滋、藤村俊二(R.I.P.)に石井トミコだもの。
こんなの、面白いに決まっているじゃないですか。

松重が出演したのは第8怪「実録 ! 仁義の冥土」(監督は豊島圭介)。
スナック「まあ冥土」のマスターにして
無縁仏(死体)ヤクザの「メメント森」を演じました。
これがもうとにかく非常にくだらないお話でありまして、
それなのに役者が皆本気で演るもんだから見ている方はどんどん感情移入してしまう。
なんかね、見終わった後悔しい気分になるんですよ。
畜生、乗せられちゃったよ!って。
それ程に演技の力は大きく、こりゃあ只者ではないと思った次第です。

…なんでこんなこと長々書いてるんだ僕は。



Glitter / HEAVY TIGER / 2017
Glitter

Glitter



昨日届きました。ザッと3回ほど流して聴きました。
全11曲33分、暴風並みにカッ飛ばすやさぐれスケ番ロックは本作でも健在です。
キャリアを重ねライブの数をこなしたことで
アンサンブルは相当タイトになったのではないかと推察されます。



ん、滅茶苦茶カッコイイ。
やっぱりこの手のロケンロールにはビブラスラップを鳴らしたくなるよね。
'14年の来日に触発されたと思しき“No Tears in Tokyo”なんて
曲も収録されておりまして、まぁまぁ嬉しいことでございますな。
そしてアルバム2曲目“Feline Feeling”は白眉の名曲であると書き加えておきます。

これ、BLACK STAR RIDERSとパッケージで呼んだりしたら
我が国でも人気爆発しそうな気もするんですが、まぁムリなんだろうなぁ。



もう1枚。
Let Me Fly / MIKE + THE MECHANICS / 2017
Let Me Fly

Let Me Fly

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Imports
  • 発売日: 2017/04/07
  • メディア: CD


前作からは…6年か。概ね順調なサイクルで出たって感じですね。



うん、Mike Rutherfordはこれでいいのだ。
前作にPaul Carrackの名前がなかったことで一部厳しい評もあったようですが、
基本Mike Rutherfordはなんも変わっていない訳で
この人らしいメロディをだだ漏らしてくれれば僕はそれで充分満足です。



えー、結局枕が一番長いという(苦笑)。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

実は今月CDをあんまり買っていないのです [新譜]

Future Hopes / WHITE WILLOW / 2017
Future Hopes

Future Hopes



やっぱりそろそろOPIUM CARTELとの差別化が難しくなってきたかなぁ…
と、アルバムの頭2曲を聴いて思ってしまった僕は実に浅はかでした。
演奏者もかなり被っているし、まぁそんなもんかと高を括っていたのですが
3曲目の長尺曲で様相は一変、めくるめくプログレ世界が突如現れるので
かなりびっくりしました。そして2分に満たない間奏曲的インストゥルメンタルを挟んだ後
またもや弩級のプログレ曲が(こちらは幾らかポストロック的な要素も含みつつ)
炸裂します。これは確かにWHITE WILLOWの名前でやるべき音楽で
ちゃんと切り分けて曲を書いたJacob Holm-Lupoは大したものです。
冒頭曲についてもよくよく聴き直してみるとリズムの力強さは
OPIUM CARTELや、ひいてはWHITE WILLOWの前作とも明確に違うもので
要するに切り口が曖昧だったのは2曲目だけなのね。

本作の録音はややローファイ寄りですが、これは意図的にそうしたのではありますまいか。
Jacob Holm-Lupoと客演のギターは歪ませ方がウェット過ぎて音がペラペラですが
Ellen Andrea Wangの太く重たいベースによるフォローが素晴らしく、
またLars Fredrik Froislieの鍵盤も相変わらず抜群なので
トータルのバンドサウンドとしては実に良い塩梅で成立しています。
結果としてやや古臭いロック感を醸し出すことに成功していて、
うん、これはやっぱり計算尽くな気がしますねぇ。

SCORPIONS(しかも“Animal Magnetism”なんてぇ微妙な曲)をカバーするという
謎なセンスもこの人達の個性なのだろうと前向きに捉えつつ、
結論としてこれは大変良いアルバムであると。
ジャケットをRoger Deanに描かせたのだけは
(飽くまで僕個人的には)ちょっと蛇足だったかなぁと思いましたが。



We are Now / C-SIDES
We Are Now

We Are Now

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Imports
  • 発売日: 2017/04/07
  • メディア: CD


うーん、これはなかなかに僕好みなヤツですぞ。
本作は2枚目のアルバムだそうですが、
最初出てきた時にはあんまり話題にならなかったのですかね。
僕は当然の如く知らなかった訳で、なんだかちょっと損をした気分です。
ズバリ、KING'S Xを英国的解釈で再構築した音というのが
僕の見立てでありますが、これ、そんなに的外れではないと思います。



典型的なシンフォニックロックとは趣を異にする部分が大きいので
やっぱり我が国での評価は限定的なものになっちゃうのかなぁ。
今どきのイギリスのバンドながらポストロック的な音響に接近することなく
ブルースベースのロックとがっぷり四つに組む姿勢は
とても痛快だと思うのですがねぇ。

まぁまぁ、
通好みのバンドってことで落ち着いてしまうことは想像に難くなく、
ならばせめて息の長い活動が出来ますようにと願う僕であります。



今年のGWは久し振りに映画DVDを纏めて見ようと思っています。
特にコレ!ってのがある訳ではないので適当に摘む感じになりますが。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

漸く春ってことでいいの?ホントに大丈夫? [泡沫盤]

NOVALISのボックスセットが出周り始めましたね。
我が家にはゴールデンウィーク頃に到着するっぽいので
まとめてじっくり聴きまくろうと思っております。



てな訳で(?)、去年出たメタルを2枚ほど。

Left to the Sharks / WARNING SIGN / 2016
Left to the Sharks

Left to the Sharks



オーストリアから漸く届きましたよ…折れ曲がった紙スリーブとCD-Rがね。
んー、商品仕様は正確に記載して欲しいものです&ちゃんと梱包しろや!
ぐぬぬぅ…まぁ仕方ないかー(本当はあんまり気にしていない)。

カナダの4人組、'13年のEPに続く1st.アルバム。
どうやら基本的に盤を作らない人達っぽいですな。
実にメイデニッシュなインストゥルメンタルで幕を開けますが
2曲目はいい塩梅にカッ飛ばすスピードメタル(イントロもきっちり1分やる)で
ちょっと絞り切れていない感もありつつ。
しかし全体としては衒いのない、至極真っ当なヘヴィメタルであります。



概ねどの曲もギターソロは長いのだ(笑)。
2人のギタリストがそれぞれ納得する小節数+ツインのハモりだから
まぁ仕方がないのですが、いやー、全然これで良いと思います。むしろこれがイイ。
ギターの片割れはボーカルも兼務しますが、ちゃんとメロディを追える人なので
その辺もオールドスクールな薫りに拍車をかける要因でありましょう。
ふとした瞬間にSteve Grimmettっぽく聴こえるんだよね。
あそこまでコッテリ風味ではないけれど
やっぱりちゃんと歌えるってのは好感度高し。

このまま埋もれてしまうには惜しいバンドで、これどうにかなりませんかね?
本人達はレコ社に縛られるよりフリーでやりたいのかなぁ。



Sacrifice / GRAVEBREAKER / 2016
SACRIFICE

SACRIFICE

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: CRDEL
  • 発売日: 2016/12/16
  • メディア: CD


こちらはスウェーデンの3人組。同じくデビュー盤です。
スカスカですよ。ほんとにもう、これでもかってくらいにスッカスカ。



ギターはなんとなく様式美(でもスウィープとかはしない)。
そしてちょいちょい(いや、結構な頻度で)鍵盤を挿し込む。
しかも今どきハープシコードやチャーチオルガンな音色を堂々と使う辺りの時代錯誤感。
…なんだこりゃあ。いや、なかなか面白いじゃないですか。
この、色々なものが全然消化し切れていない感じが実に微笑ましいですな。
正統派、様式派と呼ぶにはちょっとけれん味が強いのだけれど
MERCYFUL FATE直系のオカルトメタルと呼べるほど捻くれてもいない。
この、非常に微妙な立ち位置を狙ってやっているとしたら
相当凄いバンドだと思いますが、まぁこれ天然だよね(苦笑)。

失礼な話ですが、
この人達はこのままあんまり上手くならずに(演奏技巧の話ではない)
今後もこういうニッチな線を走り続けて欲しいです。
これはねぇ、非常に少ないながら確実に需要があると思うんだよね。
特に僕みたいなのがどひゃ~堪んねぇ!
とか言ってニヤニヤしながら必ず聴きますよ…多分。



なんか久々にこういうのをちゃんと聴いたらとても楽しかったなぁ。
今年はもう少しメタル側に振ってもいいかも知れないなぁ…。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2017年03月|2017年04月 |- ブログトップ