So-net無料ブログ作成
検索選択

今日も短め [新譜]

前回茂木由多加からの流れで佐藤ミツルについて…と思っていたのですが
なんだか全然上手く書けませんでした。7月はあまりプログレ方面に触れておらず
ちょっとナニな気がしておりましたところ最後の最後に面白いのが届きました。

Orion / ULTRANOVA / 2017
uno17.jpg


ブラジルの4人組。全曲インストゥルメンタル。
技巧に富んだ派手さはあまり感じられず、
各楽曲の展開もスピード感に乏しくじわじわと攻めてくるスタイル
ですから煌びやかなラテンフュージョンっぽいアレを期待すると
些か肩透かしですが
どの曲も概ね主旋律が叙情的で分かり易いのがとても良いと思いました。
いや、これは思ったよりも全然ロック寄り(非メタル)で、
かなり僕好みの1枚ですぞ。



前列3人のパーカッションはバンドのメンバーではありません。
TRIO MANARIという、南米ルーツミュージックを演奏する人達だそうです。
この曲はアルバムにも収録されていますがバンドの4人のみによる録音なので
映像の演奏とはちょっと印象が違いますね。
それでもバンドの演奏技巧が現在どういうレベルにあって
それぞれがどんなサウンドを好んでいるかの参考にはなると思います。
なにしろ今どきSGでプログレをやろうって心意気は素晴らしいと思うのね、僕は。

本作収録曲の一部は'13年にデジタルでリリースされており
今般アルバムデビューまでの道のりは結構長かったみたいです。
CDは地元のレーベルRock Symphonyと仏MUSEAの共同リリースですが
なんであれ盤になったのは良いことです。

僕は基本的にこういうスペーシー(死語)なサウンドに弱く、
よってこのバンドについては全面的な支持を表明するものであります。
殊にアルバム表題曲は13分半の尺を聴かせる力作で
演歌の如く情の深いメロディが印象的な1曲です。
なんでそっちの映像を貼らないのか?という話もありますが
そりゃ僕の性格が悪いからに決まっとるわね(笑)。

まぁこの先楽しみなバンドであることに間違いはなく。



話はガラッと変わりますがSACRED REICHの“Ignorance”('87)
30周年記念盤なるものが出るらしく、え、もう出てるの?
…んー、良く分かんなくてイライラするわー。
とりあえずamazonでポチりましたが
出荷に要する期間が1~4か月というアバウトさ(苦笑)。
どうもこれはMETALBLADEの欧州(ドイツ)ブランチによる企画らしく、
恐らく弾数は少ないのでしょうねぇ。
いや、しかしそれにしても本国はナニやってんだ!って話ですわな。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0