So-net無料ブログ作成
検索選択

疲労感もろバレ作文 [音楽雑記]

結局NOVALISのボックスセットはリリースが遅れているのですか?
少なくとも当初予定の3月10日には出ていないみたいで、
えーと、どうやら月末までズレたっぽいですね。

初期作を含めてリマスター音源が全部揃うのは良いですよねぇ。
個人的には“Lebt!”('93)を含んでいるのがとても嬉しい。
“Letztes Konzert 1984”('09)は過去エントリーに記した通り
('10年5月6日エントリー )音響的にだいぶショボいものでしたが、
“Lebt!”がリマスターされるならそっちである程度補完できますから。
逆に“Letztes Konzert 1984”については少し心配です。
これ、ちゃんと2枚組のままセットされているんだろうか?
てぇのも、各所で色々と情報を調べていると
枚数的になんかどうしても1枚足りない計算になってしまうのです。

いずれにせよこれは2017年前半の最重要再発タイトルでありますから
なんにしろ必ず手に入れたいと考えておりますですよ、ハイ。



Private Collection / JON AND VANGELIS / 1983
javpc.jpg


昨晩なんとなーく聴きたくなったもので。
かたやYESで“90125”を出しておいて(同じ'83年のリリースでした)
一方ではしれっとコレをやっちゃう
Jon Andersonの小狡い感じ、僕は嫌いではないです。
3分に満たない“Italian Song”から始まって徐々に曲の尺が長くなり、
終いには“Horizon”1曲にレコードB面を丸々使うという構成が堪らない1枚。
前作“The Friends of Mr.Cairo”('81)に聴かれた
「なんちゃってテクノ」的なリズムのお遊びもなく、
徹頭徹尾Vangelisの奏でる暗黒宇宙の上で
多幸感を振りまくJon Andersonという構図は実に潔い作風であると言えましょう。
久々に聴いたのですが、これは凄く良いアルバムであると再認識いたしました。



…すみません、ゲームするのに忙しくて作文のネタが思い浮かばないのです。
先日いい塩梅のテンポでカッ飛ばすカナダのメタルバンドを見つけたので
それの盤が届いたら是非書きたいとか、そんなことを思ってはいるのですが。
あ、あとHEAVY TIGERの2枚目もそろそろだったような気がするので
その辺も含めてなんとかしたいなぁ、なんて。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。