So-net無料ブログ作成
検索選択

実におっさん臭い買い物 [新譜]

買ってきたよー。

Res9 / RIK EMMETT & RESOLUTION 9 / 2016
RES9

RES9



紙ジャケのサイズが微妙に(いや、かなりハッキリと)デカい。
これ、多分今現在に至るまで
どこも共通規格みたいなもんを定めていないんでしょうね。
まぁ、こりゃしょうがない。

で、肝心の中身ですが。
ギター演奏の魅力は往時のまま、ボーカルはいい具合に枯れた味わいです。
透き通ったまま突き抜けていく高音はほぼ出なくなりましたが
気張った時の渋味がとてもいい塩梅で
まだまだこの人の声は凄く魅力的だし、なにしろ歌が巧いよね。
楽曲についてはブルース寄りのハードロック
些か地味な産業ロックの間を往き来する感じです。

あぁ、そうそう、週末にTRIUMPHを聴き直していて思ったのですが、
この人達もPRETTY MAIDS同様(9月14日にちょろっと書きました)
ハードロックと産業ロックを同じアルバムに同居させて違和感のない
不思議なバンドでしたねぇ。
ちょっと意外な共通点を発見して、独りでニヤリとしちゃった僕。
…うーん、キモい。

えーと、Rik Emmettに話を戻しましょう。
両者の中間には幾つかのバラードが挿し込まれていますが、
これらが抜群に良いのです。
僕はやっぱりアルバム最後の“Grand Parade”に痺れちゃった。
Gil MooreとMichael Levineが客演する、
この渇いたマイナーバラードは僕の老いた耳の情感を激しく刺激しました。
しっかしこの3人、仲がいいんだか悪いんだか良く分かんないよな。

軽快に飛ばすシャッフルでアルバムの幕を開け、泣きの1曲で締める。
こういう構成って今どきちょっと珍しい感じがします。
いや、全然アリだと思います。
なにしろ概ね思っていた通りの、大変素晴らしいアルバムでした。



-話変わって。

タイパンの…いや、なんだよタイパンって。
Rik Emmettと一緒にTYGERS OF PAN TANGの新譜を買ってきた訳ですが、
ふと思って我が家にあるCDを棚から引っ張り出して並べてみたら
Jacopo Meille加入以降のタイトルはほぼ全部揃っていたという…
別に、そこまで好きなバンドでは無い筈なんですがね(笑)。
しかしこのイタリア人が歌うようになって以降
相当良いバンドに変身しちゃったのは紛れもない事実でありまして、
これはしぶとくしつこく活動を続けたRobb Weirの勝利だよね。

変哲もなにもない、昔ながらのメタルですから
特段誰かに薦める程のものではないのですが、



まぁまぁ、やっぱりコレは抗い難いカッコ良さがあると思うのです。



いつものことではありますが、
今日の作文は幾つかの前提情報をスッパリ省略しちゃってるので
かなり分かりづらいかも知れません。
毎度、面倒臭いのでフォローするつもりも全くありませんが。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。