So-net無料ブログ作成
検索選択

たまーに忙しいときがあるんです、たまーに [新譜]

今日はイギリスのを2枚。どちらも好作です。

Vox Humana / KYROS / 2016
kyros.jpg


割と気軽な感じでCDトレーに乗っけたんですが
うーん、ちょっとコレは僕が思っていたのとは違いやしないか?…と。
僕の記憶しているイメージでは
SYNAESTHESIAってもっとベタにポンプ寄りで
ここまで暴力的に攻めたサウンド(特にリズム)の印象は
殆どなかったのです。

まぁバンド名をわざわざ変えるってのはこういうことも含むよなぁ、
なんて独り得心しつつ
でも、ひょっとしたら僕が間違っているのかも知れないと思い
SYNAESTHESIAを改めて聴いてみたところ
あのアルバムにおいてもリズムは結構アグレッシブなアプローチをしていて
実は今作とそんなに違いはありませんでした。

しかしそれでも本作に聴かれる音はSYNAESTHESIAに比して相当にに重く、硬い。
若いバンドらしい、溌剌とした熱意に溢れる様子は非常に好ましくもあり、
僕のようなおっさんにはやや眩し過ぎるきらいもあり。



2枚組のボリュームを組み立てる構成力も見事なもので、実に良いバンドです。
ただ、SYNAESTHESIAにはあってKYROSにはないナニかがあるような気がするのです。
ややレトロな幻想性?ストレートに発露される抒情味?
なんか上手く説明できませんが、恐らくそんなようなものが。

スッキリと垢抜けて、
恐らくバンドは今作の路線を詰めていくことになるのでしょう。
それはそれで良し。多分僕は次のアルバムも買って聴くよ。
しかし一方、間違いなくその後SYNAESTHESIAのアルバムを聴き直すでしょうね。



Given the Impossible / THE FAR MEADOW / 2016
Given the Impossible

Given the Impossible



そもそもバンドの名前が名前だし、
アルバム冒頭から実にそれらしいアコギのアンサンブルが聴こえてくるし、
そこに被る歌い手(女性)の声がまた物凄く典型的だし。
こりゃアレだなぁ、なんつって流し聴きの体制に入らんとしましたが…
頭2分過ぎると怒涛のプログレッシブロックが流れ出すので
だいぶ慌ててしまいました。

鍵盤(特にピアノ使い方)が凄く良いです。
ギターの歪みもKYROSに較べると実に古臭く、
僕の耳にはこっちの方が断然安心です(笑)。

アルバムの最後を飾る9分越えの大曲では
技巧に富んだインストゥルメンタル陣がスピーディに演奏を展開する中
半ば強引に“Scarborough Fair”を挿し込んでくるという荒業を聴かせます。
なんだかやたらとカッコイイんですよこれが。

うん、これは僕、相当好きだな。



あら、生演奏も巧いじゃないですか。
そして見た感じ、そこまで若い人達ではないですね。
あぁ、MULTI STORYと一緒にライブやってたのか。
羨ましいですね。こういうのが普通に見れちゃうのって。

-話を戻して。
本作はデータDLのみだった1st.を経ての2作目だそうで、
んー、そりゃデビュー作も聴いてみないといけませんかねぇ。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。